Aoiの米国株投資で「FIRE」を目指すブログ

株式投資ど素人が米国株投資で早期リタイア「FIRE」を目指すブログです。アラサー。2児の父親。

米国株投資で目指す「FIRE」。目標設定について

Aoiです。

2021年5月より早期リタイア「FIRE」を目指して米国個別株投資を始めました。ちなみに今まで米国、世界株のインデックス積立投資を2019年6月から行っているぐらいの素人です。

こんな自分がどこまで資産を増やせていけるのか、記録を取る目的でブログに綴っていきたいと思います。

「FIRE」を目指そうと思った理由

今の会社の仕事内容がかなり精神的に応えるもので、転職を考えていましたが、そんな考えを改めさせようとしているかのように、ここ数年で年収がかなり上がっており、こうなったら今の会社で出来るだけ頑張って、稼いだ分を株式投資に回して資産を形成し、定年前、可能な限り早く早期リタイアを目指そうと考えました。逆に会社を利用してやろう!という気持ちです。

 

米国を中心にムーブメントとなっている「FIRE」。考え方として、ある程度の資産を形成したあとは資産運用による利回りで生活していくというものがあり、興味をそそりました。

 

私はいま32歳ですが、定年まであと28年あります。定年は確実に引きあがると言われており、65歳、70歳定年になると気が遠くなります。

 

限りある人生、労働時間に大半の時間を割かれるのはもったいなすぎる。好きでやりがいのある仕事ならまだしも、辛く、やりがいのかけらも感じない仕事に大半の人生を捧げるのは果たして幸せな人生なのだろうか、と感じて「FIRE」を目指すことにしました。

米国株投資を選んだ理由

日本の株式市場は以下グラフのように1989年のバブル期に最高値をつけてから現在まで最高値を更新できていません。

 

f:id:eiki207504:20210503153416j:plain

日経平均株価 過去チャート

参照:日経平均株価 - Wikipedia

対して、米国株式市場の株価の指標であるダウ平均株価は基本的に右肩上がりをずっと継続しています。「ITバブル崩壊」、「リーマンショック」、「コロナショック」等の景気後退局面では下落していますが、その後の回復力が凄まじいです。

 

f:id:eiki207504:20210503153713j:plain

ダウ平均株価 過去チャート

参照:ダウ平均株価 価格、リアルタイムの相場、ニュース - Google Finance

なぜ日本とアメリカでここまでの違いがあるのかというと日本は少子高齢化が加速しており、人口減少していますが、アメリカは人口が増えてGDPも上がり続けていることが一番の理由なのかと思います。先進国で人口が増えているのはアメリカぐらいのものです。

 

また、アメリカは世界の株式市場の時価総額98兆米ドルに対して全体の約44%を占めており、アメリカを中心に経済は回っているといっても過言ではありません。世界中からアメリカの株式市場にお金が集まります。実際に日本の公的年金の資産運用の多くは米国株で運用しているとのことです。

 

中国やインドも台頭してきていますが、今後もしばらくはアメリカを中心に世界経済は回っていくものと思っています。

目標

目標は高く持て!ということで下表のように設定しました。

f:id:eiki207504:20210919155519p:plain

目標設定

10年以上働いて貯めた軍資金1200万円にて運用スタート、毎月20万円(240万円/年)の追加投資を行い、年利15%を狙って2026年:5,000万円、2029年:1億円、2030年:2億円達成するといった目標です。入金力が大事!ということでこの間仕事を頑張ります。

 

こんなにもうまくいくとは到底思えませんが、米国株式市場は過去20年、年平均7%上昇してきています。個別銘柄でうまくいけば15%はクリアできない数値ではないと思っています。

 

上記は個別株投資の目標ですが、これ以外にも2019年6月よりソニー生命の変額年金にて毎月36,000円、2020年6月より積立NISAにて毎月33,333円を米国・全世界株に積立しています。こちらは現在利回り20%以上で堅調に推移しており、こちらも将来が今から楽しみです。

まとめ

年利15%、毎月20万円(240万円/年)の入金を行い、2029年までに1億円、2033年までに2億円の資産を積み上げることを目標にやっていきます。備忘録も兼ねて定期的に運用状況をブログに書いていきたいなと思っています。